Navi

9.27.2017

『Dr.ヴァルネ』 と『プラナロム』 の違いって? 



メディカルグレードの精油メーカーとして知られている
『ドクターヴァル』 と、『プラナロム』 は、どう違うの...?
というご質問を頂くことがあります。

どちらも、製剤研究所の認可の下に、フランスの『薬局』で売られています。
フランスには、何百社もの精油製造所業者が存在していますが、
その中でも、メディカル仕様として薬局で販売できるメーカーは、ほとんど限られています。

その代表的な精油メーカーが、
この 『ドクターヴァルと、『プラナロム』です。

フランスの製剤認可基準は、政府と業界が自分たちの地位とお財布を守ることを中心に決められている日本と違って、本当に国民の安全を守るためにつくられているため、
比較にならないほど厳しく、品質管理もかなりしっかりとしています。

また、この国では医師は “精油を処方する権利” があり
薬局では、精油を薬剤師からの適切なアドバイスをもらって選ぶことが出来ます。

特に、このような薬剤師は、薬剤師(Pharmacien)としての免許と共に、
アロマテラピーの専門資格を取得しており、
豊富な知識で、現在の体質や体調にあったものをすすめてくれます。


また、医者に診てもらうと、精油だけでなく、
ハーブ、ジェモテラピーの処方箋を出してくれたりもします。
このような代行医療を推奨する医師も増えてきているのが嬉しいですね。

このことについては、長くなりますので、また次回ご紹介させていただきます。


精油が私たちの生活や健康にとって、とても身近な存在であるが故に、
品質をきちんと確かめて、正確な知識を持った人のアドバイスを受けながら利用するのがベストとされています。
もちろん個人でも買えますが、その場合は、自己責任を負います。

精油は、普段お肌に付けたり、飲用したりするものですし、
ましてや、お子様やご家族、お知り合いの方にも使われるとなると、
選ぶときには、かなり慎重にならなければいけませんよね。

100%天然であるから、学名から、原産国など注意事項などが書かれているから大丈夫! 

と思うのは間違いです。
心身の治療やトラブルを改善する目的で使用するなら、
きちんとしたメディカル仕様のものを見極めて、ご利用頂くことをおすすめします。


そのメディカル仕様できるというこの2社の共通点と、
フランスでの精油事情をご紹介しましたが、

このメーカーの違いを一言でいいますと、、、

プラナロム社は、数百種類もの精油を提供しており、多くのスクールも海外展開で大規模に経営しています。



一方、ドクターヴァルは、精油は50種類そこそこしかなく、規模はプラナロムほど大きくないけれど、フランスでは最も歴史のあるアロマテラピーの代表ブランドで知られ、昔から、良いものをじっくりと研究し作り続けているところが人気の秘密でしょう。



医療従事者間の方が参加するフィト&アロマテラピー関係のセミナーに行って、
その方々と情報交換をする機会が時々あるのですが、
この2つのメーカーは、高く評価されていて、どちらも圧倒的な人気があり、
特に、ヴァルは、その質の良さから愛用しているファンも多いことがわかりました。


あとは、相性です♪


精油は、植物ですので、産地、生育地、栽培手法、収穫方法、タイミング、蒸留地、品質管理体制などの要因によっても変わってきます。

香りの好みというのは、本当に人によってさまざまです。
味の好みよりもはるかにバラつきがあるので、おもしろいです☆

自分が好きと感じる香りに出会うために、
効能やメーカーだけにこだわりすぎるよりも、
自分の感性や感じ方を信じて、
いろいろ試してみて頂ければと思います。

友人や先生にすすめられたから、、、
今までプラナロムしか試してみたことがなかったけど、、、
この精油は、ドクターヴァルにしてみようか、とか、

こんな風に、ちょっと冒険をしてみると、
意外に大きな発見があるかもしれません。
私自身がそうでしたから。!(^^)!

大きな精油箱は、いまでは、それぞれのメーカーに拘らず、
質と香りの良さを自分で試して選んだ精油たちでいっぱいです♪


楽しいアロマライフにお役立てくださいね☆




★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店